カムパネルラのサイカル育児とその周辺の日記

サイエンスとカルチャーとファッションと美味しいものと活字と多肉植物とピアノをこよなく愛する元設計屋のミーハー主婦です。モットーは楽しく育児☆

世界中のパパ・ママに読んでほしい本♡

私は本好きなので、妊娠直後から様々な育児に関する本を読んできた方ですが、今考えてみると育児書ほど実践的じゃない書籍はないのではないかと思います笑。

 

子供の個性は兄弟でも違うほど千差万別、十人十色です。

 

で、子供は怒っちゃダメ!なんて事は百も承知で、実際子供が2歳近くになるまでは怒ったこともありませんでした。ただ、10か月頃になり歩き始めるようになった辺りから、子供自身の好奇心の強さも手伝って、毎日イタズラの嵐。どんなにイタズラ対策をしても難なく突破するので全く追いつきません。(そういう所にアタマを使うの天才的。)

 

魔の二歳児と呼ばれている二歳に突入し、イタズラはどんどんエスカレート。

 

おもちゃは山のようにあるのですが、これこそは!と思って年齢相応の興味を持ちそうな様々なおもちゃを買っても興味を示してくれず、するのは大人(主に私)の真似ばかり。

 

引き出しからありとあらゆる物を出しては気が済むまで遊び(例えばメイク用品や、クリームや工具等)、勿論手の届かないところに置くのですが、椅子を使ってよじ登ってまで手にしようとするので、我が家に子供の手の届かないところなんてありません。。

 

ちょっとお手洗いに行っている隙にお茶を全てコップに注ぐなんて日常茶飯事、なみなみとあふれ出す様子を見ては楽しみ、ちょっと目を離した隙に、私のノートにボールペンでイタズラ書き(もちろん子供用のスケッチブックと色鉛筆やクーピーは与えています。)ノートならまだいいのですが、ドアも壁もイタズラ書きだらけ💦タブレットスマホだって手の届くところには置いておけません。

 

こんな生活もう限界!と、大学病院を紹介してもらい、診察をして頂きました。発達障害等の診断はつきませんでしたが、とても優しい信頼のおける先生で、いい本を紹介して頂きました。それがこちら。

f:id:campanella00:20190617100731j:plain

 

 今まで読んだどんな名著と呼ばれる育児本よりも具体的に書かれていて、実践しやすく、うちの子には読んだその日から効果てきめん、目から鱗の本です‼

 

著者の槙山浩之さんという方の顔写真も載っていて、とても優しそうなお医者さまでした。

 

この本に出逢えて本当によかったです。

 

とにかく褒める!全部できなくても途中まででもできたら褒める!

 

褒めるのも褒められるのも、日本の文化圏で育った人にはとても苦手な分野ですもんね。少しでも努力した子供を褒めて、がんばって褒めた自分も褒める!

 

育児に奮闘しているママさん、パパさん、ほどほどにがんばりましょっ♡

 

 

育児に大切なのは早期教育よりも何よりも親が笑顔でいることだそうです。(すぐおにBBAが登場するのが現実ですが💦)

 

 

 

今日もご覧いただきありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

 

#子供が言うことを聞かない #育児 #悩み #一歳半検診 #イヤイヤ期 #いたずら