カムパネルラのサイカル育児とその周辺の日記

サイエンスとカルチャーとファッションと美味しいものと活字と多肉植物とピアノをこよなく愛する元設計屋のミーハー主婦です。モットーは楽しく育児☆

2020マストバイ絵本ベスト5(後編)

 

 

campanella01.hatenablog.jp

 


campanella01.hatenablog.jp

前編に引き続き、幼児絵本ベスト5(後編)をご紹介いたします♪

 

 

・4冊目

ポールメイソンさん作

「いきもののうんこ」

エクスナレッジ出版)

いきもののうんこ

いきもののうんこ

 冒頭からタイトルがアレですが、最近(2020年の7月)に出版されたばかりの本で、絵(写真)、文章共にとても充実しており、作者の意気込みが感じられます。

 

うんこと言えば五味太郎さんの「みんなうんち」

みんなうんち (かがくのとも絵本)

みんなうんち (かがくのとも絵本)

 

 はご存知の方も多いと思います。この本と趣は異なりますが「みんなうんち」に、より科学的な説明を付け加えた印象です。図鑑と絵本の中間の位置づけといったところでしょうか。大人も勉強になり楽しめます。

 

出版元はエクスナレッジといって、主に建築系の専門書を扱っている出版社なのですが、絵本を出しているのには驚きました‼️

 

この本を読んでおけば将来科学が好きになること請け合いの良書かと思います♪


campanella01.hatenablog.jp

 

 

 

・5冊目

ヨシタケシンスケさん作

「りんごかもしれない」

ブロンズ新社

りんごかもしれない

りんごかもしれない

 

 この本は本屋さんにもよく並んでいるのでご存知の方も多いかと思います。初めて読んだ時は「きゃー、この感動を誰かに伝えたい!」と思うくらい発想の柔軟性と絵の精巧さにノックアウトされました。

 

同作者の「ころべばいいのに」

も今夏に最近出版されて話題になっているようです。 

ころべばいいのに

ころべばいいのに

 

 

 

 

私が子供の頃は、良書といえば福音館書店のイメージがありましたが、最近は偕成社ががんばっている印象です。はらぺこあおむしも、ノンタンも100かいだてシリーズも偕成社出版だったのですね♪f:id:campanella00:20191219200913j:imagef:id:campanella00:20191218181245j:image

偕成社の本を買って中に入っているハガキを郵送すると、上のような付録が送られてきます。これがとても使えるのでご興味のある方はお試しください♪

 

100かいだてのいえ

100かいだてのいえ

  • 作者:岩井 俊雄
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • 発売日: 2008/05/01
  • メディア: ハードカバー
 

 

 

 

 

本日もご覧頂きありがとうございました。

 

 

 

#育児 #サイエンス #カルチャー #ピアノ #2019買ってよかったもの #買ってよかったもの #ベストバイ #絵本 #カルチャー #幼児本 #育児日記 #子供向けの本 #クレヨンハウス #岩井敏夫 #荒井良二 #ヨシタケシンスケ #ブルーノ・ムナーリ #エクスナレッジ #偕成社 #福音館 #大黒摩季 #2020買うべき絵本